喪に服する期間について。

 近親者が亡くなってから四十九日忌までを「忌中」といい、一周忌までが「喪中」となります。慶事 などへの出席や年賀状、新年会などの祝い事を控えます。初詣やしめ飾りなども行わないません。また 喪中の期間は故人との関係性によって変わってきます。

 

 一定期間喪に服して身を慎むことを「忌服」といいます。葬儀への出席と服喪のために会社や学校を 休むことを「忌引き」といい、期間は組織や学校の規定により異なりますので確認することをおすすめ します。

 

<<四十九日忌法要・納骨式  |  仏壇について>>