略式の数珠が一般的。

 宗派別の本式数珠と、略式数珠があります。現在市販されている数珠の多くは略式のものにな ります。本来は人間の煩悩の数とされている108個珠を使った長い数珠(宗派によって異なりま す)を使います。ご自身の宗派の正式なお念珠を持つべきですが、昨今では万能型で宗派を問わ ない略式を選ぶ傾向にあります。
 他宗派の葬儀に会葬する場合、ご自身の宗派の念珠は使わず略式のものを使うのが無難です。

 数珠は本来持ち主と仏様を結ぶ縁をもたらすとされています。またその人の身代わりにもなる とも言われています。葬儀に参列する機会など少ないでしょうから、ご家族のものをお使いにな られる方もおられますが、常識的にも成人のマナーのひとつとしてご用意されることをお勧めし ます。

珠には水晶や翡翠、瑪瑙、オニキス、などの石や紫檀、黒檀などの木、もしくわ菩提樹の実など が使われます。また房は長いものが一般的です。
 珠や房の色や形状は宗派による決まりはありません。長く使うものですからご自身の気に入っ たものを選ぶと良いでしょう。
 最近ではガーネットやアメジストなど誕生石で選ぶ方や、ご自身のラッキーカラーをお使いに なられる方もいらっしゃいます。

数珠の扱い方。

 

<<マナーに即した喪服を準備する(会葬者)  |  香典(仏式)>>