宗派がわからないときは「御霊前」より「御香料」「御香典」。

 一般的に不祝儀袋の表書きは「御霊前」となっていますが、浄土真宗では「霊」としてさまようこ となく、すぐに成仏すると考えるため「御霊前」は用いず、「ご仏前」となります。
 供物として香をお供えするのは各宗派共通ですので、「御香料」「御香典」はどの宗派でもつかえる 表書きです。「御霊前」「御仏前」は亡き人に捧げるもの。「御香料」「御香典」は喪主に差し上げるも のというのが本来の意味となっています。
 不祝儀袋をむき出しで持ち歩くのは、見た目も悪く汚したりする恐れもありますので、ふくさに包 んで持参します。
 受付で取り出し簡単にたたんだふくさの上に置きます。名前を受付の方へ向けて「お納めください」 と言ってお渡しします。

香典袋の書き方。

 

<<数珠の選び方・扱い方  |  香典(キリスト教式・神式)>>