通夜から着用するのが一般的

一般の会葬者が通夜に多く参列する現在、遺族は通夜の会場に入るときから喪服を着ます。

  • 男性はブラックスーツ 女性は故人に近い関係なら和装

本来男性は、葬儀・告別式は昼間の正式礼装のモーニングコートを着るのが正式ですが 通夜・告別式とも「略礼服」と呼ばれるブラックスーツが一般的です。 モーニングコートは昼間の礼装のため通夜には着用しません。

女性は洋装でもいいのですが、故人の配偶者など近い関係の場合、可能ならば和装にする のがいいでしょう。

子供は学校の制服が礼装になります。ない場合は黒や紺、グレーなど地味な色の服を着ます。 トレーナーやジーンズなどのカジュアルな服は避け、できればジャケット着用します。

※寺院からいただいた輪袈裟(肩衣)があるときは、通夜・葬儀に着用します。


<<臨終から葬儀までの一般的な流れ(宗派によって異なります)  |  お布施>>