「乾杯」「お開き」は主に祝宴で使う表現なので喪主挨拶では避けます。

  • 通夜での挨拶

 本日は、お忙しいところ○○のためにご弔問いただきまして誠にありがとうございました。 生前賜りましたご厚情に深く感謝申し上げます。
 別室にささやかなお食事をご用意させていただきました。お時間が許せばぜひお召し上がり いただきたく存じます。
 なお、葬儀・告別式は、明日(午前・午後)○○時より執り行わせていただきますので何卒 宜しくお願いいたします。  本日はまことにありがとうございました。

  • 通夜ぶるまい終了の挨拶

 皆様本日は本当にありがとうございました。
 ごゆっくりお過ごしいただきたいところですが、遠方の方もいらっしゃいますのでこの辺で 終了させていただきます。
 なお、葬儀・告別式は、明日(午前・午後)○○時より執り行わせていただきますのでご都 合がつきましたらご会葬いただけたらと存じます。
 本日はまことにありがとうございました。

  • 葬儀・告別式(出棺時)の挨拶

 本日は皆様ご多忙中にも関わらず故○○の葬儀に多数のご会葬をいただき、まことにありが とうございました。
 遺族を代表いたしまして、皆さまにひとことご挨拶を申し上げます。
 生前はひとかたならぬご厚誼にあずかり、今ここに最後のお見送りまでいただきまして、故 人もさぞかし皆さまのご厚情を感謝いたしているここと存じます。

 なお、残されました○○と○○に対しましても今後とも亡き○○の生前と同様にご指導を賜 りますようお願い申し上げまして、お礼のご挨拶とさせていただきます。

<<葬儀・告別式の流れ(出棺〜精進落としまで)  |  目次>>